青森・弘前、二つのねぶた・ねぷた

学習のねらいとその効果

ねぶた・ねぷたとは

ねぶた・ねぷたの歴史

東北の夏を代表する祭りのひとつ、青森ねぶたは昭和55(1980)年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。「ねぶた」の起源は、みそぎの行事「七タ」に行われる「眠り流し」の灯籠流しに由来するというのが一般的です。秋の収穫期を前に、労働を妨げる睡魔をはらうために行われたとも言われています。

地域の風土に根ざした祭り

青森県では「青森ねぶた祭」の他にも各地で様々な祭りが開催されています。その代表的なものが「弘前ねぷたまつり」や「五所川原立倭武多」です。囃子方のかけ声は青森が「ラッセラー」、五所川原は「ヤッテマーレ」、弘前は「ヤーヤ ドー」とそれぞれ違います。
弘前ねぷたは、青森ねぶたとともに国の重要無形民俗文化財に指定されています。その違いはよく“動”の青森、“静”の弘前と表現されます。青森の「ねぶた」が歌舞伎風の人形の灯籠なのに対し、弘前は扇形が主体。「ねぷた」の表面には三国志などの勇壮な鏡絵が描かれ、見送り絵と呼ばれる裏面には美人画や水墨画が描かれます。

ねぶた・ねぷたを支える人・企業

青森ねぶた・弘前ねぷた双方とも、多くの市民・職人・企業に支えられて継続されています。
青森ねぶたは、「ねぶた師」という職人が製作します。ねぶた師は、ねぶた祭りが終わるとすぐ来年の構想に取りかかります。題材を考え、構想を練り、設計図となる下絵を描きます。下絵をもとに骨組みをつくり、紙貼り、墨書き、ロウ書き、色づけ、台上げなどの作業を経て、ようやく完成です。
製作期間は約1年で、その間に囃子方の練習も行われます。祭りを待ち望む多くの市民によるボランティア活動も盛んです。
また、青森ねぶたは市民の方々に加えて、企業の従業員も多く参加しています。
弘前ねぷたは、「ねぷた絵師」の方が、巨大な和紙に毎年絵を描き、貼り付ける形で製作します。例年80団体程度が参加し、町内会や学校など、市民主体の構成となっています。扇型のねぷたは人形型のねぶたに比べて、製作費用がかからず、多くの市民団体が親子代々参加することが可能となっています。

祭りの対比を通して学ぶ、地域の社会・経済

本プログラムでは、青森ねぶたと弘前ねぷた関係者との交流を通して、それぞれの地域や関係者にとって祭りが担う役割について考えます。そうしたフィールドワークを基に、「経済的価値」「文化的価値」「祭りの持続可能性」など様々な観点から物事を捉えることを学びます。また、グループワークでは、理想のねぷた祭りのあり方について議論をすることで、「正解のない問い」を他者と共に考える力や、本質的な課題を考える力を養います。

プログラムの特徴