青森県立美術館でアート体験

【対話型鑑賞とは】

作品を見て解説を聞くという受身の鑑賞ではなく、作品について子どもたちが感じたことや気付いたことを自由に発言し合い、対話をしながら主体的に鑑賞を深めていく鑑賞法です。じっくり作品と向き合い互いの意見を交流し合うことで、コミュニケーション能力、共感する心、自ら探求する姿勢を育みます。

【青森県立美術館での対話型鑑賞】

当館では対話型鑑賞を取り入れたギャラリートークを行っています。
小グループ(8名程度)に分かれ、鑑賞サポーターとともに展示室を回りながら、1作品につき15分程度、対話をしながら鑑賞を深めます。

※鑑賞サポーターは、来館した子どもたちの作品鑑賞をサポートする青森県立美術館のボランティアスタッフです。ギャラリートークにおいて、子どもたちの発言を促し、整理する役目をします。


マナー指導の様子


ギャラリートークの様子


ギャラリートークの様子


奈良美智「あおもり犬」©Yoshitomo Nara

【スクールプログラム体験プラン例(90分)】

青森県立美術館

小中高向け
受入期間 体験可能時間 体験人数 料金
通年 9:30〜17:00
(6月〜9月は9:00〜18:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
60人 小・中学生は常設展無料
高校生は有料

お問い合わせ先/TEL 017-783-3000
住所/〒038-0021 青森市安田字近野185
ウェブサイト/http://www.aomori-museum.jp
アクセス/JR「新青森駅」より車で約10分、青森I.Cより車で約5分、「青森駅前」6番より市営バス「三内丸山遺跡行き」又は、JR新青森駅東口バス停からルートバス「ねぶたん号」「青森県立美術館前」下車
観覧料(常設展)/小・中学生100(団体80)円、高校生300(団体240)円
※団体は20人以上※小・中・特別支援学校の児童生徒及び引率者の場合、常設展は観覧使用料免除申請書の提出により、無料となります。
※企画展については、お問い合わせ下さい。