テーマ1 青森の祭り:ねぶた・ねぷたを学ぶ 【教科とのかかわり】歴史、美術

テーマ1 青森の祭り:ねぶた・ねぷたを学ぶ

体験プラン
学習のねらいとその効果
◎青森の伝統的な「ねぶた・ねぷた」にふれ、地域の歴史や生活文化、祭りに込められた人々の想いを学ぶ。
◎青森の祭りについて学び体験することを通して、風土に根ざした地域文化への関心と理解を高める。
◎ねぶたの運行体験を通じて、達成感や感動、「ねぶた」のパワーを味わうとともに役割分担と協力の大切さを学ぶ。

青森人の1年はねぶたとともにある

 東北の夏を代表する祭りのひとつ、青森ねぶたは昭和55(1980)年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。「ねぶた」の起源は、みそぎの行事「七夕」に行われる「眠り流し」(ねむりながし)の灯籠流しに由来するというのが一般的です。秋の収穫期を前に、労働を妨げる睡魔をはらうために行われたとも言われています。

 ねぶたを製作する人を「ねぶた師」と呼びます。ねぶた師は、ねぶた祭りが終わるとすぐ来年の構想に取りかかります。題材を考え、構想を練り、設計図となる下絵を描く。下絵をもとに骨組みをつくり、紙貼り、墨書き、ロウ書き、色づけ、台上げなどの作業を経て、ようやく完成です。製作期間は約1年で、その間に囃子方の練習も行われます。祭りを待ち望む多くの市民によるボランティア活動も盛んです。

地域の風土に根ざした祭りのかたち

 青森県では、「青森ねぶた」の他にも各地で様々なねぶた祭りが開催されています。その代表的なものが「弘前ねぷた」や「五所川原立佞武多」(ごしょがわらたちねぶた)です。囃子方のかけ声は、青森が「ラッセラー」、弘前は「ヤーヤドー」、五所川原は「ヤッテマレ」と、それぞれ違います。弘前ねぷたは、青森ねぶたとともに国の重要無形民俗文化財に指定されています。その違いはよく動≠フ青森、静≠フ弘前と表現されます。青森の「ねぶた」が歌舞伎風の人形の灯籠なのに対し、弘前は扇形が主体。「ねぷた」の表面には三国志などの勇壮な鏡絵が描かれ、見送り絵と呼ばれる裏面には美人画や水墨画が描かれます。五所川原立佞武多は、高さが20mを超える巨大な山車が運行されます。

メッセージ

津軽藩ねぷた村

「ヤーヤードー」のかけ声で始まる「弘前ねぷた祭り」を年中体験できる「津軽藩ねぷた村」。実物大の大型ねぷたと太鼓と笛と鉦のお囃子がお迎えします。みなさんで太鼓を叩いてお囃子の体験をしたり、「弘前(壁かけ)ねぷた」や「金魚ねぷた」の製作体験など「弘前ねぷた」をまるごと体験してください。

専務理事 村山佳光
体験プランはこちらから